トレンドを見極める

トレンドとは、日本語で流行を意味し、値動きのおおまかな方向性のことをいいます。 値動きに沿ってラインを引き、上向きなら「上昇トレンド」下向きなら「下降トレンド」、となります。

そして、上昇トレンドの時に下値を結ぶラインを「トレンドライン」、上値を結ぶラインを「チャネルライン」といい、下降トレンド時はその逆になります。



上の図のように、ラインが壁のような役割を果たし、ひとつの売買シグナルになります。上値のラインを「上昇をはばむ抵抗線」、下値のラインを「下落を食い止める支持線」と覚えておきましょう。

次にトレンドの転換も大きな売買シグナルになります。


トレンドラインを抜ける事で、今までのトレンドが終わり、新しいトレンドが形成されていきます。このときに重要なのがトレンドラインをしっかり抜けることです。微妙に抜けただけなら、またすぐに押し戻されてしまうことが多いので、しっかり抜けたのを確認して判断しましょう。

このように単に上昇トレンドなら「買い」というものではなく、トレンドの節目を読むことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加