レンジ相場

レンジ相場とは、一定の範囲内で値段が上下を繰り返している相場の状況のことをいいます。相場の流れを変えるような材料もなく迷っている状態です。値段が箱の中に閉じ込められたような様子から、「ボックス圏相場」とも呼ばれます。

そして、レンジ相場の上値と上値、そして下値と下値にラインを引くことによって売買のタイミングを計ります。



上の図のように、下値を結ぶサポートラインで買い、上値を結ぶレジスタンスで売るというのが基本です。

一見簡単そうに見えるレンジ相場ですが、実際に取引してみるとなかなか難しいものです。向き不向きがありますが、レンジ相場の時は、取引を控えるデイトレーダーもたくさんいます。

そして、次に紹介するのがデイトレの基本である、レンジブレイクアウト手法です。レンジ内に収まっていた値段がそのレンジを抜けるときに仕掛けるやり方です。



相場にはレンジを抜ける瞬間に値動きが勢いづくという習性あり、それを利用するわけです。あとは、即利益を確定して勝ち逃げるもよし、しっかりロスカットをおいて利益を伸ばすもよしです。レンジブレイクアウト手法は、デイトレ向けの手法としてデイトレーダーに親しまれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加