スキャルピングとは?

スキャルピングとは、デイトレードの中でもより僅かな利幅を狙って、短時間で売買を繰り返す手法のことをいいます。定義はありませんが、1、2ティックで利益確定、当然損切りは鉄則です。

上昇を続けそうな株を無理に売る必要はないと思いますが、上がっていく銘柄を見つけるのではなく、今この瞬間に上がる銘柄を次々と見つけるというのがスキャルピングの考え方です。

今この瞬間に上がる銘柄を見つけるということは、チャート分析よりも板読みがより重要になると思います。売り板が食われるのを確認して買いをいれ、約定したらすぐに1、2ティック上に指値をいれるなど、素早い判断と注文の絶妙なタイミングがポイントです。又、僅かな利幅なら、株価がもみ合っているときでも狙えることがあるを思います。

利幅を大きく狙えるときは大きく狙い、スキャルピング的な手法も織り交ぜてトレードするのが理想的だと思います。デイトレーダーの中には、終始スキャルピングに徹して利益を出し続けてる人も多く存在します。向き不向きはあると思いますが、コツさえつかめばとても有効な投資手法です。

関連ページ:FXスキャルピングのコツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加