損切りできない人

重要性は理解しているものの、なかなか決めたとうりにできないのが損切りです。

上手く損切りができずに損失を拡大させてしまった経験のある人は少なくないと思います。損切りできないデイトレーダーになってしまわないために、まずは損切りできない心理状態を知りましょう。知っていればその心理状態に陥ったときに、冷静な判断ができるようになるはずです。

損切りできない心理状態はプロスペクト理論によっても説明がつきますが、ほかにも理由は隠されています。

まず、儲けようと思ってエントリーしたにもかかわらず、損した状態で決済するという行為に、ある意味自己否定のようなものを感じてしまう場合があります。自分のトレードに自信がある時に陥りやすいケースです。トレードではうまくいく時とうまくいかない時があると認識し、うまくいかなかった時のこともイメージしておくことが大切です。

他には、自分の持っている銘柄やポジションに愛着を感じてしまっているケースも考えられます。愛着があると、当然損切りをためらってしまう原因になります。自分の持ち物に愛着を感じるのは普通なことですが、トレード においては絶対にあってはいけないことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加