円高、円安とは?

円高、円安という言葉は聞いたことがあると思います。円高とは円の価値が上がること、円安とは円の価値が下がることをいいます。

具体的な例を挙げてみると、1ドル100円の時は1ドル買うのに100円必要になりますが、1ドル 90円の時は1ドル買うのに90円しか必要なくなります。

つまり、100円→90円で円の価値が上がり円高になります。逆に1ドル=100円から1ドル= 110円になると円の価値が下がる、円安になるわけです。

数字が減るのに円高、数字が増えると円安というのは、慣れないとイメージがつかみにくいと思いますが、円高の時にドルを買い、円安で売ると利益がでるということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加