「成行」と「指値」株式投資の基本的な注文方法は?

株式投資を始める上で、売買注文の方法を理解することは非常に重要です。特に、投資の世界では、成行注文と指値注文の2つの基本的な注文方法があります。

これらの注文方法は、株式を売買する際の戦略を決定する上で、投資家が利用できる強力なツールです。この記事では、これらの注文方法の概要とそれぞれのメリット、使い方について解説していきます。

目次

成行注文

成行注文は、現在の市場価格で即座に株式を売買する注文方法です。投資家は株式を「現在の市場価格」で買うまたは売ることになります。具体的には、買いの成行注文を出すと、その時点での最も低い売り注文の価格で株式を購入することになります。逆に、売りの成行注文を出すと、最も高い買い注文の価格で株式を売却することになります。

成行注文のメリット

約定の速さ

成行注文は、市場で即座に約定するため、迅速に取引を完了させたい場合に適しています。

売買が成立しやすい

市場に流動性がある限り、成行注文はほぼ確実に約定します。

成行注文のデメリット

価格の不確定性

市場の状況によっては、注文時に予想された価格と実際の約定価格が大きく異なる場合があります。

大量取引の影響

大量の株式を成行で売買する場合、市場価格に影響を与える可能性があります。たくさんの株を自分が買うと株価が上昇する可能性があるという事です。一概にデメリットとは言えないかもしれません。

指値注文

指値注文は、投資家が指定した価格で株式を売買する注文方法です。この注文タイプでは、注文が約定するためには市場価格が投資家が指定した価格に達する必要があります。そのため、指値注文は、特定の価格で取引を行いたい場合に適しています。

指値注文のメリット

希望する価格で約定する

投資家は自分で価格を設定できるため、希望する価格で取引を行うことができます。

計画的な取引

価格を事前に設定できるため、計画的な投資戦略を立てやすくなります。

指値注文のデメリット

売買が成立しにくい

市場価格が指値に達しない場合、注文は約定しません。市場価格が急激に変動した場合、指値注文では約定せずに取引のチャンスを逃すことがあります。

成行と指値の使い分け

成行注文と指値注文は、それぞれ異なる状況に適しています。投資家は、自身の投資戦略や市場の状況、株式の流動性などを考慮して、これらの注文方法を使い分ける必要があります。

市場の急速な変動時

市場が急激に変動している場合、成行注文を使用して迅速に取引を完了させることができます。

価格を重視する取引

特定の価格での取引を希望する場合、指値注文を使用して価格をコントロールすることができます。

株式投資における成行注文と指値注文は、投資家が市場での取引を行う上で基本となる2つの方法です。これらの注文方法を理解し、状況に応じて適切に使い分けることで、投資家はより効果的な投資戦略を実行することができます。投資の目的や市場の状況を常に念頭に置きながら、これらの注文方法を賢く利用してください。

よかったらシェアください!
  • URLをコピーしました!
目次