デイトレーダーの日課

デイトレーダーはザラ場中以外にも準備を行う必要があります。この準備をしっかり行わなければデイトレで良い結果は出せないです。 では、デイトレーダーの日課の例を見てみましょう。

目次

起床~9:00 市場分析と準備

海外市場の分析

米国市場を中心とした海外の株式市場の動向から今日の市場全体の流れを予測する。

経済ニュースの確認

重要な経済ニュースや監視銘柄に関係するニュースはないか経済ニュースをチェックする。ニュースは市場の動向に大きな影響を与えるため、この情報は取引判断に不可欠です。

注文状況の確認

市場が開く前に、監視している銘柄の注文状況を確認し、その日の市場の傾向を予測します。

9:00~11:30 前場の取引

前場が始まると、デイトレーダーは値動きが激しくなる朝の時間帯に特に注意を払いながら取引を開始します。市場の動きを細かく観察し、適切なタイミングで取引を行います。

11:30~12:30(昼休み)

収支計算

前場の取引での収支を計算し、その日の成績を把握します。

市場動向の再分析

香港やシンガポールなど、他のアジア市場の動きをチェックし、後場の取引戦略を立てます。

ニュースの再確認

昼休みも、新たな経済ニュースや銘柄情報が出ていないかを確認し、必要に応じて戦略を調整します。

12:30~15:00 後場の取引

後場が始まり取引開始。銘柄を監視し、チャンスがあれば取引をする

15:00~就寝まで 反省と準備

収支の最終計算

その日の取引での最終収支を計算し、利益や損失を確認します。

トレードの振り返り

取引の成功や失敗を振り返り、反省点や改善点を見つけ出します。

銘柄分析

市場のランキングやチャートを確認し、翌日の取引のための銘柄選定や監視銘柄の見直しを行います。

デイトレーダーは情報を集めて取引に備えておかなくてはいけません。もし短時間しかトレードしない場合でも最低限の情報を把握してうえで取引するようにしましょう。

よかったらシェアください!
  • URLをコピーしました!
目次