単位株について

株を売買するときは取引単位が決まっています。

たとえば、「今のA社の株価は500円です」。と報道されていたとしても500円で株が買えるわけではありません

A社の株が1000株単位だとすると、500X1.000=50万円が必要になります。

逆にB社の株は100万円でも1株単位なら100万円で買えることになります。

単位株は、1株、50株、500株など色々ありますが、一番多いのが1000株です。最近は、たくさんの人に株を買ってもらう為に1000株から100株に引き下げる企業が増えています。