日経平均とTOPIX

よくニュースで耳にする「日経平均株価」や「TOPIX(東証株価指数)」とはいったいなんでしょうか?これらは株式市場全体の動向を探ることのできる指数です。日経平均やTOPIXが前日比でプラス圏にあれば市場全体が強気、マイナス圏にあれば市場全体が弱気と見ることができます。デイトレーダーにとっても常に意識しておきたい数字になります。

日経平均株価とは?

日経平均株価は日経225とも呼ばれ、東証1部の銘柄の中から主力となる225銘柄をピックアップし、それらの株価を平均したものです。より注目度が高く、流動性のある225銘柄をピックアップしてるので、市場の動きを敏感に察知することができます。

TOPIXとは?

TOPIXとはTOkyo stock Price IndeXの略で、東証1部全銘柄の時価総額(株価×株式数)を元に計算された指数です。基準とされる1968年1月4日の時価総額を100として現在の時価総額の水準を知ることができます。東証1部全銘柄が対象なので、日経平均に比べ動きが鈍くなる場合があります。

ほかにも、東証1部300銘柄を対象とした「日経300」などの株価指数がありますが、日経平均やTOPIXに比べると注目度は低いといえます。

また、ジャスダック指数、東証マザーズ指数、ヘラクレス指数といった各新興市場を対象とした株価指数もあるので、新興市場の株を取引する時には参考にしましょう。