「成行」と「指値」

株を売買するには、売り注文や買い注文をだします。

注文方法には、「成行」「指値」という 種類があります。

成行

まず「成行」とは、すぐに買える値段で買う(売れる値段で売る)といった注文方法です。買いの成行注文をだすとそのときのもっとも安い値段で株を買うことになります。

指値

「指値」とは、値段を指定して注文をだす方法です。買いの指値注文をだした時その値段で売る人がいないと売買は成立しません。

いくらでもいいから約定(売買が成立すること)させたいときは「成行」で、値段を重視するときは「指値」を使うのです。