権利確定日

配当金や株主優待をもらう権利が確定する日のことを権利確定日をいいます。

実際に配当金や株主優待をもらうためには権利確定日の3営業日前の取引終了時点で株を保有している必要があります。少しややこしいですが、株を購入してから株主として株主名簿に名前が記載されるまでに3営業日かかるのでこのようになります。(土・日・祝の非営業日はカウントしません)

例えば、31日が権利確定日の場合に権利を確定するには?(権利確定日は月末の場合がほとんどです)

このように権利付最終売買日の大引けまでに株を保有し、権利落ち日にその株を売り払っても配当金や株主優待をもらう権利を獲得できます。このことから権利付最終売買日に株価が高騰して、権利落ち日に株価が急落する場合があります。

デイトレーダーにとって権利付最終売買日と権利落ち日は値動きが起きやすいので取引しやすいと思います。特に権利落ち日に株価が急落した後は買いが入りやすいので攻め時といえるでしょう。