テクニカル分析

FXではテクニカル分析はとても重要です。テクニカル分析は、過去の値動きをもとに、今後の動きを読むといった分析方法ですが、世界中に多くの参加者がいる為替市場では、多少の売買ではビクともしないので、テクニカルがはまることが多いのです。

銀行の為替ディーラーも個人投資家もテクニカル分析を行っている人がほとんどで、買いのサインが出れば買われる、売りのサインが出れば売られる、といった具合にチャートは形成されていきます。ということは、当然、多くの人が使っているチャートを使い、一般的な考え方を学ぶことが正しいの思われます。駆け込み寺では、一般的に使われているチャートや考え方を紹介します。

ポイントは、むずかしい相場には手を出さずに、 わかりやすい相場の時だけ仕掛けることです。むやみにトレード回数を増やさずにチャンスだけものにすることで、勝率はぐんと上がるはずです。

そして次の項目 では、為替トレーダーがもっとも多く使用している、MACD、ストキャスティクス 、ボリンジャーバンド、を説明します。