市場が活発な時間帯

24時間休むことなく取引されている為替市場ですが、その中でも活発に取引されている時間帯があります。活発に取引されている、すなわち値動きのある時間帯を狙って取引をすることでトレードの効率は上がるわけです。

デイトレは値動きがあってこそ利益を生み出せるわけで、動きづらい時間帯に取引をするのはあまり効率がよくありません。値動きが起こりやすい時間帯を狙って効率のいい取引をしましょう。

活発に取引されている時間帯(日本時間)

9:00~10:00

東京市場が始まり銀行などが活発に取引を行う時間帯です。

16:00~18:00

ロンドン市場が始まり欧州勢が参加してくる時間帯。特に16時台は大きな値動きが期待できます。

21:00~深夜1:00

ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯でもっとも活発な取引が行われます。深夜1:00位までは目が離せません。