為替市場が活発で値動きがある時間帯にトレードする

24時間休むことなく取引されている為替市場。その中でも、活発に取引されている時間帯があります。活発に取引されている、すなわち値動きのある時間帯を狙って取引をすることで、効率は上がります。

デイトレは値動きがあって初めて利益を生み出せます。値動きの少ない時間帯に取引をするのは、効率が悪いです。

一日中、相場に張り付くのではなく、値動きが起こりやすい時間帯を狙って取引をしましょう。

為替市場が活発で値動きがある時間帯(日本時間)

AM8:00~AM11:00

東京市場が始まり銀行などが活発に取引を行う時間帯です。

PM16:00~PM18:00

ロンドン市場が始まり欧州勢が参加してくる時間帯。特に16時台は大きな値動きが期待できます。

21:00~深夜1:00

ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間帯でもっとも活発な取引が行われます。深夜1:00位までは目が離せません。