レバレッジについて

レバレッジを効かせることによって、小額でも大きなリターンが狙えることは魅力的ですが、それ相応のリスクについても考える必要があります。レバレッジを効かせるほど、FXはハイリスク、ハイリターンな商品になります。

3万円で1万通貨の取引をした場合を考えてみましょう。1ドル100円の時に1万ドル買ったとします。その後、101円に値上がりした場合は1万円の利益、逆に99円に値下がりした場合は1万円の損失。3万円 という資金に対して、1万円のリスクとリターンがあることになります。FXがいかにハイリスク、ハイリターンな商品かがわかっていただけたと思います。

よくあるのは、儲けた分のお金をどんどん証拠金として追加していき、取引単位を増やしていくケースです。これだと、コツコツ積み上げたお金を1度の取引で失くしてしまうことにもなりかねません。 例えば、3勝1敗で損益0円ではちょっと悲しいと思います。慣れるまでの数ヶ月は、儲けは出金するなどして、むやみに取引単位を増やさないことが戦略としては正しいのかもしれません。

大きなリターンを狙いたい時は、レバレッジを大きく効かせることによって、それが可能になり、リスクをあまり取りたくなければ、レバレッジを少なくすることで調整できます。どちらにせよ、レバレッジが取引の自由度を高めていることは確かです。自分の許容できるリスクに合わせて賢く利用しましょう。