基本的な注文方法

FX取引には様々な注文方法が用意されており、とても自由な取引が可能となります。

まずは3つの基本的な注文方法をマスターしましょう。

成り行き注文(クイックトレード、ストリーミング)

売値と買値のリアルタイムレートが表示され、任意のタイミングでワンクリック注文ができます。 スピード重視のアクティブなトレーダーにとっては馴染み深い注文方法です。

FXの売値と買値には数銭の価格差があり、この価格差をスプレッドといいます。スプレッドは実質コストとなります。

指値注文

ある値段まで下がったら買いたい、または上がったら売りたい。安く買いたい、高く売りたいの一般的な注文方法です。

逆指値注文

ある値段まで上がったら買いたい、または下がったら売りたい。ある値段を抜けたら勢いづいて上がる(下がる)と考えた時や、損失を限定させたいロスカットの時に使います。